So-net無料ブログ作成

いよいよ追い込まれた 岡山戦 [Football]

9/29(日)はJ2 第35節ファジアーノ岡山戦@カンスタ。

結論から言うと・・・0-3の完敗。

試合運びは中盤から相手の間にパスを入れる。ひとつ、ふたつと入ってもそこまで。SBからのクロスも精度低く得点の予感もしません。今年の前半、J2 中下位チームと戦った時に精度の差を感じていましたが、今やうちがそっち。この日は竹内が右SBで武器であるヨネのアーリークロスや突破は出ず。前半のうちからボランチやDFラインが裏へのパスで走り回るので後半のガス欠が心配。前半は0-0。

そして後半、くさびのパスがこぼれるところから相手のカウンターを喰らう。失点した後、がっくりくるシーンの情けなさ。だれか大きな声を出してみんなを鼓舞してくれよ。そして2点目もカウンターから。3点めは恩返し弾の荒田、これまたカウンター。

いやあ~いよいよ追い込まれました。このチームでは上がっても意味ないね。全く進化しない。シーズン前半は選手個々の能力で勝ってしまう。(そりゃ選手の人件費たくさん使ってますからね)でも夏場で走り負け。秋には熟成してきた相手チームにいいとこなくやられる。去年はそれでも最後の最後の数試合はカタチらしきもんが見えた気がしなくはないが、今年はそれもなく。むしろ内容がどんどん悪くなってるんです。

もうこうなったら江尻さんでいいから3年時間あげて監督も選手も育てて行きませんか。少なくとも気持ちの見えない選手や監督にこのチームを預けていたら取り返しがつかなくなります。


3連勝だ!富山戦 [Football]

7/3(水)は平日アウェイの富山戦。おっとその前に鹿島から若手のレンタルが。鈴木隆雅君。19歳。U17の日本代表歴もある左利きのSB。左SBは怪我さえなければの渡邊圭二、大怪我からリハビリ中の藤本修司、というメンツで本来は右ウイングあたりが本職の高橋峻希をつかってますがクロスの精度や守備でのたまにあるポカが気になります。早速の出番もあるかも。

27suzuki

ところで鈴木選手、隆雅と書いてりゅうが、と読むそうですが、私の名前と同じ字です。妙に愛着を感じてしまいます。ゲーフラでも作ったろかしらん。

さて7/3(水)のゲーム。土曜のゲームから中3日のアウエィゲーム、さらにまた中3日でガンバ戦が控えてますからメンバー選びが難しいところ。ケンペスは復帰。ナムが控えに。兵働は今節もお休み。キムのCBスタメンは継続。

前半はいまいちなゲーム展開。シュートはケンペスの2本のみ。富山ペースでした。ハーフタイムの鈴木淳さんの檄が効いたか後半開始からジェフペースアップ。相手ボールを奪ったヨネの突破からのクロス、田中佑昌の右膝にあたった(打ったとは思えない)ボールがいい加減にループ気味のシュートになってゴールイン。先制です。

しかしすぐに峻希が相手をペナ内でひっかけでPKを献上。アー同点かと観念したが岡本がPKセーブ!

okamoto

ピンクユニの岡本の時は勝率が低いような気がしてましたがこれにて払拭か。

そして待望の2点目は55分にまたもヨネが起点に。大塚へのスルーパス、大塚GKと一対一に。撃て!と思ったらパス。なんだよ~と思ったその刹那、走り込んでいたケンペス、いや田中佑昌がシュート!

その後、富山に1点返されたところで鈴木監督なりふりかまわぬ交代に。

谷澤→勇人で中盤を固め、峻希→大岩、大塚→竹内で最終ラインは左から大岩、智、キム、竹内と本職CB4人が並ぶ強力布陣。相手の攻撃をはじき返し続けて試合終了。3連勝、勝点3をもって帰ります。鈴木淳さんのこういうリアリストなところ結構スキかも。今シーズンは戦術もブレず、一時期は戦術米倉状態でしたが、今はそれに加えバイタルエリアの間で受けて前なんてののカタチになりつつありますしね。またベテランに加え若手が戦力になってきてる点もグッド。この辺は江尻さんの功績かもしれません。ここに町田や栗山が割って入ってほしいと思います。

これで順位は5位。次節はガンバ戦。勝てればまだまだ自動昇格だって望めるはず。連勝を伸ばしていきたいもんです。


待ってろよ、J1 ジェフがなくっちゃはじまらない 東京V戦 [Football]

本田翼ちゃんがそう言うんなら、そういう気がしてきました。この日6/29(土)はスポンサーのC1000さんのマッチデー。J2第21節 東京ヴェルディ戦

C1000

本田翼さん、知らなかったけど結構CMとか出てる売り出し中のタレントさんなんですね。名前がバイクみたいですが、お父様マジでそういう理由で名付けられたそうです(Wikipediaより)

これで桐谷美玲さん、小嶋瑠璃子さんに続いてJEFサポ美人タレントトリオができました。めでたいことじゃ。

IMG_9223

さて、試合です。この日はケンペス、兵働が欠場。前線に大塚、ナムが入ります。また、前節途中交代した勇人が先発から外れ伊藤大介、そしてCBも竹内が外れてキム。若々しいセンターラインです。少々の不安も感じながらのキックオフ。

開始5分、ナムが相手バックパスをかっさらって独走。ズドンッとゴールを決めてくれました。これで場内ノリノリ。内容的にはその後ヴェルディにペースがいって前半終了間際で同点にされてしまいます。しかし80分、カウンター谷澤から田中佑昌へ、佑昌シュート、GKはじいたこぼれ球を大塚が押し込んで2-1! そのままタイムアップ。連勝じゃ!

後半は相手の足がとまってJEFが圧倒。こんなの珍しいね。そうか、今日のジェフは若手のチームだったもんね。先発で30代は智のみ。これから夏場、若い力の台頭は嬉しいですね。

おまけ画像。スローインの前、ボトルの水をやりとりしながら会話するヨネと中後。

IMG_9231


流れを勢いを変えられたかの神戸戦 [Football]

6/8(土)はJ2第18節の神戸戦@ノエビアスタジアム。

前節山形にいいところなく敗れたジェフ。メンタル的にもチームとしてのまとまりにも不安な要素が出てきています。この日のゲームでも結果が出ないとまた監督交代→迷走なんてことも考えられます。

試合開始前の円陣、そこからの円陣ダッシュ。今シーズンやらなくなってしまっていました。(勇人はやってたか)せっかく選手とサポーターが一緒になってテンションをあげる場面なのにね。ところが今日はダッシュ!なんか変われたのかもね。(真相はユナパに練習見学に行かれたサポの方が直談判されたとのこと)

そんな淡い期待は前半の試合ぶりの前に吹っ飛びました。(後で聞くと芝が長くボールが止まるピッチコンディションなどの要素もありましたが)DFラインでパスをつなぐだけ、狭まったサイドへ出しては下げてたまにくさびを入れると相手の圧力にボール収まらずロスト→逆襲というおなじみのパターン。

そして相手CKからやられる。ヘッドでズドーン。この日のゴールは193㎝の相手DFが山口智を吹っ飛ばしてのものなのでゾーンだマンツーだという事ではないのですが、いい加減セットプレーでの失点は止めてくれ。さらにこっちのセットプレーは全然入ってないぞ。兵働のファーへのへろへろキックは迫力ないしなあ。

さらにスカパー!中継でも言われましたが前半ジェフのシュートはゼロ。さすがにハーフタイムの笛ではブーイング。シュート撃て!なんてなあ。

そして後半。正直今日は厳しいかなと思った前半とは一転。猛然と攻める。ケンペスの強烈なミドルが開始の合図。右サイドでヨネがボールを奪うと縦に突破、いいぞヨネ!そして鋭いクロス→→→ケンペスダイビングヘッドでゴール! このコンビはいいねえ。同点だあ。

しかしすぐに失点。田代のシュートがバーにあたったこぼれを智と竹内が行けず小川に蹴り込まれる。智はちょっとお疲れ気味でしょうかね。どこかで栗山君あたりを試してみたいですね。

1-2となった後もジェフは2トップになったケンペスと佑昌の黒い双子コンビでDFラインの裏を取り始める。そしてまたしてもヨネかケンペスへ。今度はスルーパスを通してケンペスが右足で決める。2-2同点。

kempes

その後も大介、、ナムを投入し勝ち越しを狙うもタイムアップ。勝点は1。どうにか昇格戦線に踏みとどまるという感じでしょうかね。

でもなんか変わった変えられたんではないでしょうか。ここ何年かは夏の訪れとともに停滞期が来たのが今年はちょい早めに来ちゃった。けど、なんかこの試合がターニングポイントになった、なんて後で振り返りたいぞ。


連敗 弱いなあと実感した山形戦 [Football]

6/1(土)J2第17節は中断期間に入ったJ1の代わりに土曜開催。ホームフクアリに山形を迎えてのナイトゲーム。

父の日には少し早いんですがプレゼントは2013ユニ。2010年シーズン以来の新調。ネームはいよいよブレイクした米倉君。

IMG_8784

ソーセージ盛りのリベンジに来たモンテのキャラ。名前は?

IMG_8791

前回のフクアリでの対戦の時、特大タッパーはホームサポのみと言われて涙をのんだ(?)リベンジだそうで。巨大タッパーにソーセージ二人前をいれて意気揚々と歩いておりました。

IMG_8792

試合は同じくリベンジされて1-3で敗戦。まったくいいところなし。正直弱いチームだと思います。走り負け。知恵でもガッツでも負けてる。これはまずいぞ。

以下は試合以外のネタ。

ファンクラブブースでスタンプ係の栗山君。怪我も癒えたようです。そろそろ出てきてほしいすね。

IMG_8812

この日出場停止の健太郎。古巣のモンテサポにも人気。

IMG_8818

TDRのカストーディアル経験者を採用したのでしょうか。コンコースに水で書かれた絵。いつもはジェフィだったりするのが今回は山形のディーオさん(だっけ?)

IMG_8805

そしてこの日は千葉県内にスーパーを展開するスポンサー、ヤックスさんのマッチデー。スタンド下で試供品のサンプリング大会。袋二つが一杯になるほどサンプルをいただきました。写真は列の最初でミナちゃんとフロムアクアメメイドとハイタッチの図。いっぱいもらってきてね!

IMG_8800

これがその中身。すごいっす。

IMG_8829

試合帰りの京葉線。海浜幕張駅からダンスイベント帰りの外人勢と遭遇。イギリス人らしい集団がユニ姿の我々をみてどんなチームだ、今日は勝ったのか(負けた)なんて会話。ジェフにはどんな歌があるんだ、ってことになり

♪JEFユナイテッド、JEFユナイテッド、オーレー オーレー オーレー!

を車内で大合唱。すみません、お騒がせしました。でも、少し元気を頂けました。


4連勝の松本戦 なんかいいカタチできてきた? [Football]

5/19(日)は先週に引き続きのホームでのJ2第15節、松本山雅戦。1万人キャンペーンはあと数百人届かずでしたがこの日は松本サポーターの動員力に加え前座マッチのU13少年サッカーの出身チームのご招待で軽く1万人を超えました。やっぱクラブとしてもこの試合よりも富山戦が心配で組んだキャンペーンなのですかね。いずれにしてもこの調子で動員していきましょう。それにはスカッと勝って楽しかった。また来たいね、と思ってもらうこと。

2013-05-19 15.04.49-2

私の席の隣もBuddyという競合チームの3年生。何人かは既に来たことあったりしてご家族の方からユニフォームやタオルマフラーを借りてきてます。この子達をジェフのサポーターにしたいですね。

そういえば我が家の子供達がいたサッカーチームもみんなで観戦に来たことがあります。その時は大分戦で6-0の大勝利。その時一緒に観戦していたチームのキャプテン君はこの日ゴール裏の中心で飛び跳ねてレプリカユニフォームを着ていました。

2013-05-19 17.12.20

試合は拮抗した展開。ヨネの突破するスペースを消されて右サイドの推進力が発揮できてません。その分、左の大岩が佑昌とのオーバーラップを積極的にしかけていきます。勇人→ジャイールという攻めの交代策が奏功。我々の目の前でジャイールが1対1をどんどんしかけていきます。そして70分過ぎ、相手DFの股を抜いてゴール前にするする、優しいクロスをゴール前の谷澤へ。ヤザがヘッドで決めてついに先制。

いやぁーしびれたしびれた。サッカー少年達とハイタッチ!彼らもジャイールのスゴイプレーを目の当たりにして大興奮。

この後守備をしないジャイールにはらはらしつつどうにかこうにか逃げ切って勝利。4連勝!

CKをやまのようにもらっても点が入らないとか(キッカーは谷澤のほうがいいんでは)カウンターで抜け出しても足がへろへろとかあったけど(すみません兵働ばっかりだな)焦れずにやり続けるカタチができつつあるのではないでしょうか。攻守の切り替えもよくなりつつあるようにも。まあ、勝利が最大の良薬というかいい意味で自信につながってるようです。

2013-05-19 17.56.48

凱旋する選手達。

それを手持ちのDSで撮影ってのが子供らしいですね。

2013-05-19 17.56.28

そしてひさびさの「俺たちジェフ!」

2013-05-19 18.00.19

これで順位をあげて3位。次は好調長崎相手のアウェー戦。


3連勝の富山戦 [Football]

5/12(日)はJ2第14節カターレ富山戦。今節、次節とホーム連戦。ここは連勝を伸ばしていきたいところ。内容は良くなくても勝点がついてきてる、今日もまずは勝点を。

2013-05-12 13.56.26-1

快晴、微風、日射しは夏の日射し。

2013-05-12 15.07.20-2

2013-05-12 15.23.13-2

右SBのヨネはJEFの推進力になりましたね。この日はお誕生日の兵働が右SH、佑昌が左SHに。谷澤がトップ下。出場停止明けのケンペスが1トップ。

前半開始5分で兵働からスルーパス→ヨネ、えぐってふわっとクロス→ケンペスダイビングヘッド!で先制。キレイに崩した得点シーンでした。(写真は後半のとあるシーン)

2013-05-12 17.09.05

2点目は前半終了間際に佑昌からのクロスを兵働が右足でボレーで。3点目は敵陣でボールをかっさらったケンペスが谷澤へパス、これが相手DFにあたってワンツーパスになってケンペスへ。ケンペス落ち着いて流し込んでのもの。これで今日は安心だ、とフクアリのサポーターがそう思ったタイミングで電光掲示板に本日の観客数が。

9399名・・・

そう、この日は1万人プロジェクトの日。1万人集客できたら来場者全員に6月のチケットプレゼントという思い切った企画。出足は悪かったが動員かかったのか1万人に達したんじゃんね、と思っていたらこの数字。なんとも残念な数字。この落胆がチームにも伝わったのか70分過ぎにセットプレーで立て続けに失点。楽勝ムードが3-2とお尻に火が。

どうにかこうにか逃げ切って3連勝。勝点3、で順位は4位まで来ました。

チケットもらえなかったけど今日の内容ならまた見てみたいと思わせられたかも。6月は土曜日の試合開催だし期待できるかもね、そうか、、チームもアウエィ集客の見込めない富山戦でかつGW明けの集客落ち込む時期をのりきるためにこの日を設定したのかもね。このプロジェクトなかったら6~7千人の集客だったろうし。うん、今日は前向きにそう考えることにしとこう。

2013-05-12 18.00.16

2013-05-12 18.14.43


拾った勝点でも3は得た [Football]

5/6(月・振休)GW3連戦の最終戦は19時キックオフのアウェー。私の実家のある岐阜ですがさすがにこの時間では連休明け初日を休むとかしないといけません。サラリーマン的にはできない相談。ゆえに自宅でスカパー!観戦。

試合は岐阜が5バックでがっちり守る展開。ジェフはチャンスはたくさん作れますが最後の精度がなかったりパスを選択してしまったり。前半終了間際になんだかよくわからないPKをゲットしたんですがキッカー山口智が失敗。いやーなムードが漂います。後半も圧するも先制できず。どんどん時間がすぎていきこれまでなら良くてドロー、最悪、セットプレイやカウンターから一発くらって敗戦なんてのを経験したケース。

しかしこの日は86分かな、CKからヨネ→ジャイールとあたった(当てたのではない)ボールがゴールイン。

gifu

貴重な勝ち越し点。このままタイムアップで1-0の勝利。拾ったという言葉が似合う勝点3。こういうのを拾って拾って積み上げるのが勝点なんですよ。なんというかPK入って楽に勝たなくて良かった気もします。

スタメンから外れてメンタルが心配だったジャイールに偶発的とはいえ得点が入ったことも次へつながる結果だと思います。

さあカッコ悪くてもぐだぐだでも勝点積み上げていきましょう。


走らないと勝てんよサッカーは [Football]

5/3((金・祝)はJ2第12節 愛媛戦@フクアリ

ジャイールにどうやって守備のことを教えたらいいのでしょうか。マルキーニョスのとこにでも話を聞きに行く。CLのビデオを一緒に見る。。。(兵働にも同じことが必要ですね。、アリバイ守備しかしてないぞ。観戦の次男君達中学サッカー選手にも「3メートルも離れていたらなにもしてないのと同じ」と一刀両断)

試合は前半の決定的ピンチを岡本に助けてもらってなんとか0-0。いやぁ沈滞した内容。思わずブーイング出てました。同感。

後半、深井とナムが投入されてようやく活性化。大岩の失敗?というクロスがちょうどいい高さになってケンペスがヘッドで先制。これで落ち着けました。その後、セットプレーで山口智がPKを得てみずから決めて2-0。試合はこのまま終了。結果オーライ。結果のみ。でも勝点3は3です。こういうのでも勝ってひろっていくのが大事。しかしせっかく縦への推進力を得たヨネちゃんのSBへのパスもその前が足元足元でつながっていかないからね。

走らないと勝てんよ。兵働は60分限定とかでいいからの起用と割り切るなんて策も必要じゃないの。

おまけ GWなんでマスコット大集合

2013-05-03 17.32.47

2013-05-03 17.28.42

2013-05-03 17.02.21

2013-05-03 17.30.20


ロスタイム同点でなんとかなった福岡戦 [Football]

4/21(日)は朝から気温5度前後で雨がザーザー降ってます。次男君中学三年生のサッカーの試合が浦安市内であり送迎&観戦

2013-04-21 10.50.07

ぬかるんだグランド、冷たい雨。大変だったようです。

さて、その後はフクアリでのJリーグ。J2第10節アビスパ福岡戦。二戦前の岡山戦はスコアレスドロー、一戦前の水戸線は0-2で敗戦。2試合無得点なわけです。日曜、水曜、日曜と続いた連戦最後の試合は鈴木淳さんもメンバーをいじってきました。個人技に走り守備では走らないジャイールを「連戦でのコンディションの問題」(監督コメント)ということでスタメンから外してきました。兵働をボランチから一列前に。勇人・健太郎のボランチです。そしてなにより待たれたこの人、米倉が復帰。

2013-04-21 15.43.11

右SBはこの人の天職なのかもしれません。スタミナ豊富にフィジカル、スピードを活かして縦に縦に突破。ジェフの攻撃は彼のとこらからしかありませんでした。(左SBの大岩が監督の指示なのかは?ですが、情けないくらい上がらない。おおいにイライラさせられました。どうした大岩)

試合はなかなか決定機を決めれず。そうこうするうちにいつもやられる坂田大輔に決められてしまいます。じりじりと時間がすぎていきます。ジャイール、深井を投入してガンガン責めるも時間ぎれ間近。最後の最後佑昌のふわふわクロスに智がGKと競り合ってへディングで同点ゴール。その後もケンペス、ジャイールに決定機あるも決められず1-1で終了。

2013-04-21 17.58.36

まあ、負けなくて良かった。内容は少し戻ってきたでしょうか。攻撃の意図は見えてきてます。後はクロスの入れ方の工夫とかジャイールに守備の意識付けをするとかでしょうかね。またGWは連戦。そろそろ上がっていきたい時期ですね。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。