So-net無料ブログ作成

プロ野球日記 2004年ドラゴンズ総集編 7月~8月 [baseball]

FI678201_0E.jpg6月末の7連勝で波に乗ったか、と思われたんですが、8連勝を狙った長良川球場で地元朝倉先発。あれれ、やばい・・・後半、猛攻で、という試合展開。
ここから3連敗。前半戦最後に力尽きて、終戦か、という弱気の虫が出てきました。
が、が、ここで踏ん張れるのが今年のドラゴンズ、連敗を3で脱出すると、前半戦最後の対ヤクルト3連戦。初戦はあっさり落としますが、
続く第2戦を福留の2発で快勝!
前半戦最終戦は、先発憲伸、8回山本昌、9回岩瀬の黄金継投で快勝!4.5差で首位ターンです。

 

 

オールスターもあけて、いよいよVロードの後半戦。今だからこう書けますが、当時は正直、そろそろ落ちていってしまうかなあという目で見てました。そういう中、甲子園に乗り込んでの阪神戦、初戦は昌の好投、孝介、アレの一発で快勝したものの、続く第2戦は先発平井が打ち込まれます。初回から3点、3点、2点と気前よく失点。3回で8点ビハインド(泣)その後も気前良く打たれて15点。オレ流としては、「何点差だろうが、一敗は一敗、それ以上でも以下でもないの」ということなんでしょうな。今年は他にも、20-7(5/3ヤクルト)とか16-5(5/9阪神)とかの派手な負け方しました。この日は15-1で敗戦、翌日も連敗。なんともいやーなムードでナゴヤでの巨人3連戦を迎えることになってしまいました。
FI678201_1E.jpg首位攻防の初戦、もちろん憲伸登板。ローズの一発で先制されましたが、4回、井端ヒットの後、立浪、孝介、アレの3連続2ベース!!!で逆転。そして、英智の超美技・9回岩瀬苦戦で一点差にされて、なお二死三塁、打者高橋ヨシノブ。やべーいかれたぁーという打球を横っ飛びダイビングキャッチ!!!試合終了。4-3初戦を制す!

 

 

FI678201_2E.jpg翌日の第二戦は二岡の一発に沈みますが、第三戦。そうそうこの頃、谷繁さん、腰痛で欠場中。替わって出場のベテラン柳沢が勝ち越しタイムリー、感涙のヒーローインタビュー、それを見ていた勝利の女神もついホロリともらい泣き。
首位攻防戦を勝ち越して、続く広島、阪神の二カードも勝ち越して7月を終えようとしたころ、7連勝してひたひたと優勝戦線に躍り出てきたのが労組委員長古田のヤクルト。再編問題と絡んでなんか好意的な視線が彼の周りに集まり始めた時期でもあります。で、月末3連戦、平井、野口でいきなり連敗。やばいなあ、というところでツキが変わって8月です。

 

FI678201_3E.jpgまさにツキが変わりました。
三連敗寸前の1点ビハインドの9回裏。マウンドは五十嵐。ここから同点、11回にこの人が決めてくれました。川相!
だんだん、神がかってきました。これぞ優勝するチーム。

 

 

 

 

8/4 大魔神 佐々木を攻略 延長11回、1点ビハインドで佐々木でしたが、↓こんな怒涛の攻撃でサヨナラ勝ち。佐々木はこの試合以後引退説まででる不振へ。

井 端 センターヒット
井端 二盗
立 浪 ピッチャーヒット
井端 三盗
立浪 二盗
アレックス レフトヒット 同点
井 上 ライトヒット サヨナラ!

すごいすごすぎ。ところがこれだけではなかったんです。


FI678201_4E.jpgのんきに臨海くんだりへサッカー観にいってるうちにドラゴンズ大苦戦。ヤクルトに6点差つけられてます。ま、でも今日はジェフ勝ったしいいかと思っていたらこれがとんでもないことに好投のヤクルト鎌田が降板した後の8回、9回で9点取って大逆転。五十嵐なんか蛇ににらまれたカエル状態。
結局10-7の大逆転勝利。きましたきました神がかり。


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

竜犬

私は、urayasu_papa様の「プロ野球日記 2004年ドラゴンズ総集編 7月~8月」を見て、昨日、ドラのセ・リーグ優勝胴上げシーンを初めとしたTVからの録画、DVD等を見ながら、感動を再び味わいました。<BR>何回見ても、良いものですね。今年のドラゴンズの試合~オレ竜監督胴上げ...。<BR>年内、何回見ることになるでしょうか?
by 竜犬 (2004-11-15 00:17) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。