So-net無料ブログ作成
検索選択

7/26 J2第26節 ロアッソ熊本戦 [Football]

うーん、夏場の調子の悪さは毎年のこととは言え、そろそろこの病気を脱してもらわないとJ1昇格なんて厳しいぞ。この間のフクアリで群馬にやられてその後磐田と直接対決@ヤマハ。ジェイに決められ0-1。そして水戸でも後半勝ち越すも追いつかれドロー。4戦勝ちナシ。

IMG_8618.2015-07-26_084408

夏真っ盛り。暑いです。

試合はGK高木とCB富澤の間でミス二つで2失点。あれれ。

その後オナイウがゴールを決めて反撃ムードとなるも73分相手MF嶋田に見事なロングシュートを決められて万事休す。その後金井が決め3-2とするもタイムアップ

さすがに今日はブーイングだなゴール裏。

IMG_8634.2015-07-26_094909


5/3 横浜FC戦は快勝 [Football]

image.jpg
5/3はホームでの横浜FC戦。4/26の磐田戦から始まったGWの連戦。磐田には力負け。4/29のアウェイ熊本戦は4-0と快勝して一勝一敗となってのホームでのこの一戦。

いやあ、この時期の試合はいい気候で気持ちがいいすね。この日は次男君もゴール裏へ参戦。
image.jpg
久々に喜作のソーセージ盛りをいただきます。

試合ですがこの日は中村太亮の日。前半17分に上げたクロスに金井がダイビングヘッドで先制。後半にもFKを決めてくれました。終了間際には田代が奪ったボールから田中佑昌が決めて3-0として快勝です。試合後のヒーローインタビューで太亮が次の駒沢でのヴェルディ戦見に来てね、との言葉に場内盛り上がります。

image.jpg



プレシーズンマッチの山形戦 [Football]

毎年この時期になると体内のジェフ成分が不足してきます。キャンプの模様などを見てはああだこうだと期待したり心配したり。で、そんなこの時期にあるのが「ちばぎんカップ」なんですが今年はレイソルさんがACL参戦で中止に。代わりに行われたのがこの日の試合。千葉県内でキャンプを行ってきた山形。昨シーズン終盤には天皇杯、プレイオフ決勝と戦いまして連敗。悔しい思いをさせられた相手。まあ、ここで勝ってもリベンジとはいかないんですが。
試合前には昨シーズンで引退の山口慶のセレモニーが行われました。
image.jpg
ありがとう慶!
2010年から最後のシーズンはキャプテンまで。よく頑張った。

さて、試合は雨の中11時キックオフ。
image.jpg
image.jpg
この日はローズカラーのセカンドユニ。なかなかいいですね。
メンバーは
         森本
谷澤  水野  ネイツ
     パウロ 勇人
中村 大岩 キム 北爪
            岡
って感じだったでしょうか。
北爪君、専修大卒のドラフト1位ルーキー。よく走りディフェンスも出来る。レギュラー当確かな。ただしネイツとの連携はまだまだ。
image.jpg
前半は山形ペース。ただ30分過ぎからは足が落ちてきてジェフ側にもチャンスが。
後半は勇人→健太郎、北爪→田中でスタート。
水野晃樹のCKはいい感じですね〜
image.jpg
なんだか得点の香りがします。
このままスコアレスドローかなと思った43分相手陣でボールを失ったと思ったところでパウリーニョが相手に突っかけボールを奪いこぼれたボールをネイツに変わって入ってたオナイウ阿道君が豪快に蹴り込んで一点!
そのまま逃げ切り1-0で勝利。
image.jpg
image.jpg
まあ、まだまだ内容云々を言えるような時期ではいのですが勝てたのは素直に嬉しいです。試合後半には雨も上がりいい気分でフクアリを後にできました。

サポーターズフェスタ [Football]

2/8(日)はジェフのサポーターズフェスタ。あいにくの空模様。雨の中での開催となりフクスクでのイベントとかが中止になったようです。でもまあトークイベント目当ての私にとってはどっちでもいいかと。
14時からトップチームのトークイベント。
冒頭で練習生のしてキャンプにも参加している鈴木隆行選手の加入が発表されました。38歳、プロ20年目の元日本代表FWの加入は森本にとっても刺激になりそうです。
image.jpg
新加入選手のトークが二部構成で行われました。パウリーニョ、ネイツ、仲村、乾、浦田の組ではネイツのイラストとパウリーニョのいい夫ぶり、仲村君の笑顔が印象的。
北爪、金井、岡、水野、鈴木の二組目は北爪君の余裕ある態度、水野晃樹は相変わらずのノリ、鈴木隆行はキャンプ中のいいパパぶりエピソードなど。

image.jpg
トークイベントの後は演芸大会。
image.jpg
レディースの面々もハジけてます。
image.jpg
最後はトップ、レディースの全選手が登壇し今シーズンのキャプテンを務めるパウリーニョが流暢な日本語で挨拶を決めてくれました。

image.jpg
最後は雨もあがってユナパに戻る選手達をハイタッチの列で送って終了。
シーズンインが近づいてきました。

ジュビロ磐田戦 [Football]

最遅レポートになりますが、、、
11/1(土)はジュビロ磐田戦@フクアリ。
image.jpg
勝点差が詰まりJEFのムードも盛り上がって来ました。この日は動員もあったらしく14000名を超える入場者。
image.jpg
こういう試合で勝ち切れるかどうかがこのチームの課題。
しかしながら前半は今ひとつの出来。32分相手のCKから伊野波に蹴り込まれて先制を許します。
ハーフタイムに関塚さんにゲキられた選手達。後半はピッチを躍動。
55分也真人のパスを受けた森本。ドリブルで仕掛ける。相手DFが寄せるとゴール前に進出していた幸野にパス。幸野がサクッと決めて同点!
さらにその6分後。途中出場の大岩が中村のシュートから谷澤のシュートのこぼれ球を押し込んで逆転!

さあ、これで勝ち切れるか、となったところで山口慶のバックパスを相手に奪われて失点。
ケンペス、ジャイールを投入して勝ち越しを目指すも2-2のドローです。

image.jpg
いい試合でしたが勝ちきれないなあ。
こういうゲームをものにしていきたいです。

チームが脱皮過程です、の北九州戦 [Football]

9月14日(日)三連休の中日は北九州をホームに迎えての一戦。
この時期の夕暮れのスタジアムはホントにキレイです。
image.jpg
毎年この時期にこう言うことを書いてるのは試合の中身がまあ、あれだったりするからですかね。
image.jpg
天皇杯を勝ち進む中でのリーグ戦。今回も水曜にゲームをしてから中3日での試合。大岩君なんかずっと出ずっぱり。この日は山口智、ケンペスがベンチ外。智に関しては色々言いたい私なのでそんなに不安はない(智はボランチではどうかなあ。はたまた幸野ボランチなんてのも。とにかくここでボール取れないのがジェフの課題。強化部さんいい加減よろしくお願いします)
最初から引き気味に来る北九州。わかってるんだけど練度の高い守りぶり。原一樹と池元のツートップが不気味。

なんとなく8割強ボールを支配してるけどあまりゴールには迫れてない。いやな予感がしたら相手左から突破され慶がPK献上。先制を許す。

そして前半終了間際にもCKから失点。

後半、この日はまったく効いてなかった谷澤、兵働下げて也真人、ナム投入。しかしながらリズムは変わらず56分には3失点目。

最後に入った阿道君のリーグ戦初ゴールはあったものの1-3で敗戦。

のこり11節、プレイオフ進出もなかなか厳しい状況になってきましたが3点ビハインドでもお客さんは最後まで声援送ってました。若い選手達が諦めずに最後までもがく姿に可能性を感じたのではないですかね。私はそうでした。

このメンバーで経験積んでチームのベースを上げて行きましょう。



不思議な勝利 水戸ホーリーホック戦 [Football]

勝ちに不思議な勝ちあり、負けに不思議な負けはなし、は野村克也さんの名言だったでしょうか。この日のジェフはまさにそう。開始早々もらったPK。森本が決めて先制。しかしそこから80分間攻められっぱなし。
なんで勝ったか不思議な勝ち。まあ、でも相当いい内容のサッカーしててもセットプレー一発で負けちゃう不思議な負けがあるのがサッカーだからこういう日もあるさ。

image.jpg
風や空が秋色になりました。
image.jpg
画伯作、アンコウ
image.jpg
image.jpg
image.jpg
おまけ フクアリ入口の「おもてなしDJ」さん。今回もいました。とてもいい企画だとおもいます。継続してくださいね。

現実に即した戦い方 [Football]

7/20(日)はJ2第22節、栃木SC戦@栃木グリーンスタジアム。関塚監督のリーグ戦が始まります。メンバーは心配された山口智は無事出場。大塚と田中が外れ谷澤、井出。森本、ケンペスの2トップ。
いきなり開始2分でCKから井出がヘッドを突き刺して先制。
image.jpg
その後は相手ペース。相手の精度不足にも助けられてるうちに兵働からの浮き球パスを抜け出したケンペスが決めて2点目。ここからはリトリートしてブロック作って相手に持たせて、というこれまでジェフがやられてきたパターンでのらくらと逃げ切り。引いた相手にパスを繋いで繋いで崩せるチームなどそうそう出来上がらないのだ、と理解し今できる勝ち方を追求する。そんな戦い方でした。
こうして順位を上げつつ理想は理想として追い求めるやり方なんでしょうね。


関塚采配緒戦は天皇杯二回戦 [Football]

7/13(日)は新たにジェフの監督となった関塚さんの初采配となる天皇杯二回戦。ここからJチーム登場となるのだが鹿島仙台などジャイアントキリングされてしまうチームが続々。ジェフの対戦相手は昨年の天皇杯でも大物食いをしてた長野パルセイロ。ちょっとばかし心配はありますが関塚ジェフにスカッと勝ってもらいましょう。

image.jpg

メンバーは直前のリーグ戦とは大きく変化なし。先制はジェフ。右サイド田中が縦に仕掛けて戻したところへ大岩。そこからのクロスに森本がヘッドで合わせてゴール。やれやれこれで今日は安泰、なんて思ったのも束の間、DFラインからの緩いパスのやり取りを掻っ攫われて同点にされてしまう。
ジェフディフェンスの緩い感じって山口智が原因だと思う。試合後のコメントでは厳しいこと言ってるけど何年解決できてないのよ。円陣ダッシュも緩いし。スタメン当然、得点もしてるしと思ってやしないか。チームを引っ張り変えて行くのがあんたの仕事だ。今回負傷退場となり次節も出場厳しいそうだがここで田代や栗山がポジション奪ってほしいもんです。でもって智は一列前、ボランチで必死に球を追う。そんなのを勝手に思ってます。
さて試合。前半の終わりにFKから逆転を許してしまいます。さあ、後半から立て直し逆転出来るか関塚采配が試される展開。
後半になって2トップ、ケンペスと森本がディフェンスするように(笑
それにつれチームとしての動きにも変化。智が負傷退場してからはDFラインでのボール回しが減り縦へのボールが増える。二つ三つパスを繋いでる間に相手はリトリートしちゃってることが多いしそこから崩すには相手の間に球を入れるしかなくなり精度が悪いとカウンターくらう、追っかけて走って足が落ちて、の悪循環やってたからね。
51分ケンペスが同点ゴール。69分ケンペスの前線での激しいディフェンスからボールを奪取、森本へのパス。森本がフリーで左にいる翔平をオトリにして自分で持ち込みミドル一閃。鮮やかに逆転。
image.jpg

関塚さんがハーフタイムに何を修正しなんと声をかけたかはわかりませんが前後半でチームが変わりました。鈴木さんの積み上げてきたチームに自分の色を加えていく、そんな感じでしょうか。これからに期待します。

長野パルセイロサポーターの皆さん、遠路お疲れ様でした。お気をつけてお帰りください。それぞれ昇格して来年は対戦出来ないと嬉しいです。






image.jpg

ほっとしました開幕初勝利 [Football]

先週開幕したJ2リーグ。後味の悪い負け方をしました。試合後居残りもあったりで散々な開幕でした。ここで連敗とかしちゃうと相当まずいことに。。。

まあ、暗いほうに考えても仕方ない。ここは心機一転ね。

開幕戦に欠場した町田也真人が復帰。トップ下に。右に佑昌、左が山中。ボランチは健太郎と慶。ケンペスが負傷とのことで1トップは森本。そろそろゴール欲しいね。

IMG_2904.2014-03-09_075815

ALL YOU NEED IS FOOTBALL

フットボールこそすべて、ですね。

相手は岡山。ファジアーノ岡山。荒田、竹田、鎌田と懐かしいメンツもいますが恩返し弾はもうたくさん。

試合は也真人が入るとこんなに変わるかというくらい。ボランチ付近まで下りてきてボールをもらう。トップ下あたりでダイレクト、ワンタッチでパスを散らす。(おかげで健太郎がパス出すスピードが遅く見えてしかたない)前線からのディフェンスも也真人・森本・山中だといい感じで追い詰めて何度かチャンスを作ってました。このデキだとケンペスは少しお休みかもね。じりじりとした試合展開。前半は0-0。こういう展開で白いユニフォームの相手チームのデカイ選手にセットプレーや裏抜けで先制されちゃう、なんて悪い予感(デジャブとも言う)がし始めたそのとき、SBに入った彬からすすーと中央の山中へ。山中が振り抜くとバーにあたってストンとゴールイン!よしっ先制!

このままタイムアップまでどうにかこぎ着けて1-0の勝利。ほっとしたぜ。

ジェフの勝利は昨年10月27日のニッパツでの横浜FC戦以来だと。ヒーローは山中君だけど、本当の意味での殊勲者は也真人。もうチームの中心ですね。ただ、この日のプレーを続けたら壊れちゃいますから周りもよろしく頼むよ。

IMG_2919.2014-03-09_095604


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。