So-net無料ブログ作成
検索選択
Sony Tablet ブログトップ

Tabletアプリいろいろ 画面の回転をなんとかする [Sony Tablet]

絶賛愛用中のSonyTablet S。使うシーンで多いのはリビングと寝る前のベッドで。私、寝るときは横向きが多い、で、タブレットを寝転んで横向きにすると、画面が回転してしまう・・・まあ、これは自動回転をOFFすればなんとかなるのですが。困るのはアプリによってはどうにもならない場合が・・・

rotatec.jpgSonyTablet Sは持ちやすさを追求した偏重心デザイン。縦位置で画面を見る場合は左手で持つと右側に比べて若干厚みをましてある側=重心のある側を持つことになり、そうでないものよりも軽く感じられるようにデザインされています。これはSonyTablet Sの美点でもあると思いますし、実際持ち心地もいいのです。しかし、アプリによってはこの持ち方にまったく対応してくれないというか上下が真逆になるものが。「産経新聞」アプリやスポーツアプリ「Dafloid」(後日また紹介したく)あたりがこのタイプ。画面回転をON/OFFしてもどうにもなりません。

 

orientationcontrol.jpgいろいろさがしてたんですがこの日、ようやく発見しました。こちらです。

Orientation Control 有料115円

 

インストールすると通知領域に四角いアイコンが出てきます。そこをタップすると回転を制御するスイッチに。

rotatec2.jpgrotatec3.jpg

 

 

 

 

 

 

rotatec4.jpg

Landscapeという横置き横長画面固定。Portraitという縦置き縦長画面固定。それにそれぞれReversedという180度強制反転もあります。ようするに好きな状態に自由自在にコントロールできるということ。

デフォルトで横画面になるAndroidマーケットだって縦画面にできます(レイアウトは崩れます)

 

 

 

rotatec6.jpg

これで左側に重心がくる心地よい状態でどのアプリも使えるようです。

アプリって深い世界ですねえ。


Tabletアプリいろいろ ATOKでサクサク入力 [Sony Tablet]

atok.jpg快適に使ってるSony Tabletですが、SNS等で長目のテキスト入力の時はキーボードがほしかったりします。標準のソフトキーボードもよくできてますがこれを両手で打つのはしんどいし、テーブルの上でなら外付けキーボードってのもありますが私のTablet使用状況は「寝転んで」がほとんどだったりしますから、どちらも解決策には至らず。

 

いい手がないとか考えていたらこの手がありました。 ATOKを入れてフリック入力。有料アプリで1,500円也。その後、ATOK Passport月額300円なんてのが出てきてしまいました。これPCでもMacでもAndroidでも全部で300円。うーん。こっちのほうがいいかも。

tablet2.jpgtablet3.jpg

 

 

 

 

 

 

 

これなら寝転がってでも片手でビシバシ入力できます。サイズがスマホサイズからくらべるとデカいのですがまあ慣れですよね。いけます。いけます。なにしろATOKのサクサク変換でフリック入力。おすすめです。

 


タブレットその後 Reader [Sony Tablet]

tablet9.jpg9月に タブレットがやってきた なんて記事を書いて以来のSony Tablet関連エントリーです。

リビングにクレイドルとともに置いておき、ちょっとした調べ物やスマホでは物足りない時にちょいちょい。寝るときも寝室の枕元においてつかっています。電池が持つのが美点なんて思ってたら、とある時から急激に電池消費のペースが速まってしまいました。以前は二晩くらい寝室に置きっぱなしでも大丈夫だったのが一晩でもダメに。原因はソニー製のアプリAccount Mnanagerだったそうです。これをアップデートしたらもとにもどりました。よかった、よかった。

発売の時点でVideo Unlimited,PS Store,Readerがサービスインしておらず心待ちにしていました。なかでもReaderが楽しみでした。10月28日の僚機Sony Tablet Pの発売タイミングでReader StoreがTablet用にもオープン。早速アプリをアップデートして電子書籍体験をしてみました。

reader.jpg初日はアクセス集中から挙動不審な反応もあったのですが、落ち着いてからはスムーズに書籍選びと購入、ダウンロードができます。製品登録でもらったソニーポイントがそのまま使えます。(せっかくもらったのにすぐに回収されてるみたいですけど(笑))

 

 

tablet6.jpg

ポイントで書籍は有川浩の「阪急電車」、雑誌「DIME」、コミック「ジャイアントキリング19巻」を購入してみました。

書籍は「木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか 」701ページ!なんて分厚い単行本が電子書籍で入手したいのですが、まずは小手試し。

 

 

 

tablet7.jpg

結構いけますね。専用機のeインクのすばらしい質感にはかないませんが液晶でもいい感じです。特に横位置で見開き2ページはいいですね。寝転がって読むには縦位置かな。

これまでリビングでWifi運用のみをイメージして持ち出すときの事は考えてきませんでしたが、これなら書籍数冊をいれて持ち運びたくなります。ケースどうするか考えないと。

 

 

 

 

 

tablet8.jpg

コミックもばっちりですねえ。ジャイキリ一気に読み終えてしまいました。これオンラインで続々変えてしまうのはまずい(笑)ですね。

 

 

 

 


Sony Tablet ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。