So-net無料ブログ作成
検索選択

LASER治療 [いわゆる日記]

ガキの頃、レーザー光線というのは特撮ドラマの世界のもので殺人光線でした。キャプテンウルトラ(古っ!)がバンデル星人めがけて撃ちまくる!こんなイメージ

lasergun

それがいつの間にやらコンサートの演出に使われたり、レーザーディスクなんて映像を納める円盤になったり。

laserdisc

そういえばレーザーディスクにはVHDというライバルがいて当初レーザーディスクを開発したパイオニアは大苦戦。しかし猛烈に巻き返してVHDを駆逐「光ってるヤツにはかなわない」なんて誇らしげなCMコピーがありました。タモリのTV番組「今夜は最高」のスポンサーだったっけ。

そうそう最近ではレーザーポインターなるプレゼン小道具が安くなり千円台でも購入可能に。私もマイポインターを持ってます。

すみません、長々とどうでもいい話をしてしまいましたが、実はまもなく50歳になろうという日。レーザー治療を受けましたというお話。

首のまわりにぼつぼつとできたイボ、結構大きくなってすれたりすると痛い。ネットで調べると老化によるもの。(悲)まあ、ほっといてもいいそうですがTシャツとかになると見えるのであまりかっこよくない。そのうち、なんて思ってたのですがたまたま今回別の場所にできたおできの治療で皮膚科へ来たので治療してもらいました。

局部麻酔してベッドに横たわって、目にはサングラス状の目隠し。うーん雰囲気でるなあ。

laser

治療時間は5分ほど。2箇所のおおきいヤツを取ってもらいました。跡はすこしありますが麻酔がひいても痛みはなし。さすがレーザー、なんて気分です。


またまたの大雪 [いわゆる日記]

先週も大雪でしたが2/14(金)の午後からスゴイ勢いの雪。藤沢方面に外出しておったのですが窓の外を見るたびに線路が、道路が真っ白に。夕方早々に帰宅。これが正解だったようでほうぼうで電車が止まったり、あるいは事故で不通になったようです。

とりあえずその日はやり過ごしましたが翌2/15(土)は長男君の大学受験。10校近く受けるうちの本命校。10時開始とのことですが自宅から最寄り駅までの足が心配。我が家から東京メトロ浦安駅までは約2.5㎞。京葉線の舞浜とかはもうすこし近いのですがたぶん京葉線は止まるだろうなあ。地元のバスはわりとがんばって運行するんですが・・・

やはり京葉線は運休。バスで浦安駅を目指すことに。当初予定より一本前のバスで行きますが、結構な遅れ。結局当初予定の時間に遅れて到着。

fr_2058_size640

京葉線運休の影響で浦安駅はメトロ東西線から京葉線方面は向かう人でバスが長蛇の列。実はこの日の雪は45年ぶりの大雪だったのですがTDRは通常通り開場。そのキャストの人達でしょうか。ご苦労様です。

ほんとはここまでつきあって自宅へ戻る予定の私。しかしこの長蛇の列では当面バスに乗れそうもない。ということで長男君につきあって大学まで行くことに。

幸いメトロは順調に動いており、定刻のずいぶん前には学校に着けそう、と思ったら試験開始を2時間遅らせる旨の案内が大学サイトに。ということは3時間くらい待つってこと?

とりあえず大学最寄り駅へ到着。しかしここからが大変。積雪は15~20㎝ですが、その上に雨がザーザー降り。雪で排水溝が詰まって水が川のように流れています。靴が埋まって足元はびしょびしょ。長男君の換えの靴、靴下をもってきてよかったです。付き添い所が用意されていましたが緊張感あふれるムードなので、雪の川を渡って向いのビルの下のマクドナルドへ避難。ここでゆったりと時間をすごして試験時間を待ちました。

 

fr_2054_size640

そして開始時間近く、靴を履き替えて試験会場へ向かう長男君。ひょんな事から付き添うことになりましたが、ばたばた慌てることなくできてよかったのかな。

後日談>

この日は中央線が動かず、また山梨県や東京都西部、埼玉県、群馬県方面では未曾有の積雪。この日の試験は追加の試験が行われる事にもなりました。それがどう影響したか?ですが、長男君は見事この日の試験では合格をいただきました。


交換、交換、交換 [いわゆる日記]

ここのところ身の回りの品々が交換づいている。
まずお仕事用携帯。これまではいわゆるガラケー。コールセンターでの仕事もあるのでカメラなし携帯。電池のもちが良く重宝してたのに一斉にスマホに切り替え。新しいのはXperiaのちょっと前の機種。ご丁寧にカメラ機能はソフト的に殺してくれてます。ロック画面解除の際にいちいちパスワード入力させられる(会社のルールでね)のは参るがこれまで会社携帯でできなかったメールの添付ファイル確認ができて助かる。内容書かずに「詳細は添付ファイルを、、、」なんてのにも対応可能になったぜ。ほんとは要点だけ本文で書いてほしいけど。


交換二つ目は愛車のタイヤ。

fr_2124_size640

年3000km位しか乗らないがさすがに9年乗ると減ってきます。前回の点検でもそろそろと言われましたがその場で金額聞くと4本で8万円とか。相場がわからず持ち越してました。色々調べてみるとまあ国産有名メーカーだとそれ位はするみたい。でも中堅メーカーや海外(台湾、韓国等アジア勢)メーカーだと6~8千円/本で売られてます。ヤフオクで買った物を直送して取付する業者さんも存在してます。今回はネットで評判をチェックしてトーヨータイヤのDRBという銘柄に決定。215/55 R17 94Vなどという呪文のようなサイズ記号をヤフオクに打ち込むと結構な数の出品が。広島の業者さんから購入することに。送料込31500円。落札後電話で二度ほどやり取りしましたが(たぶん)小さな用品店な感じが伝わってきました。送り先の取付業者さんも船橋の小さな整備業者さん。

とある夜、約束の時間に車を持ち込むと20分程度で新旧タイヤ交換完了。

fr_2104_size640

バルブ交換も含め7000円。タイヤ代との総額は38500円。最初の言い値の半額に収まりました。調べる手間や初めて買う製品への不安、作業持込みの手間と合わせると割がいいとまでは言えないのかも知れませんがなかなか面白い経験ができました。あ、タイヤは快調です。


開幕はすぐそこ ちばぎんカップ [いわゆる日記]

2/16(日)大雪の直後で開催が危ぶまれたのですが県立千葉高校、私立千葉高校、幕張総合高校のみなさんのお手伝いやちばぎん、チーム関連スタッフの尽力もあって予定通りのキックオフを迎えることができました。皆様、ありがとうございました。

fr_2067_size640

またここへ通う日々が来ました。

今回はちばぎんさんの支援もあったらしくスタジアムグルメは千葉県物産展ということでいつもの場所でなく道路沿いにずらり。再入場もできて大賑わいでした。

fr_2070_size640

これ毎回このスタイルのほうがいいと思います。場内の業者さんには申し訳ないですがさすがに新鮮味ないですし、こうやって試合までの時間をすごせるほうがいいですよね。

fr_2073_size640

今回でちばぎんカップは20回目。ということで記念写真展。懐かしいのがありました。阿部ちゃん、巻、水野と並んで要田選手!

fr_2088_size640

この日のメンバーは

ケンペス

山中★ 町田 兵働

健太郎 山口慶

中村★ 山口智 大岩 天野★

高木★

と星印の新戦力がずらり。ボランチの田代★も後半から投入されました。連携はまだまだという感じでしたが、中村がするするとあがって多彩なクロスをあげたり、天野も上手にバランスをとることがわかったりで堅実な補強ぶりがうかがえました。試合はレイソルのレアンドロコンビと工藤にうまく決められ先制を許すも後半、ケンペスがPKゲットし見事決めて1-1。その後は押せ押せの時間もありましたがドロー。PK戦で4-5の敗戦となりましたがまずまずの内容だったと思います。

さあ、いよいよシーズンイン。


45年ぶりの大雪 [いわゆる日記]

2/8(土)から2/9(日)にかけて関東地方は45年ぶりという大雪に見舞われました。今回は事前の予報でもしっかり言われてましたし、土日だったので通勤の混乱も少なく平穏だったように思いますが。。。

土曜日、朝の散歩にでかけようとすると、やってきました。

snow2

まだ、いけるかな。

snow3

しかし、雪の勢いは強まります。さらさらのパウダースノーですよ。奥さん。

さらに風も勢いを増して吹雪。♪ブリザード、ブリザード

snow

早めに買い出しして早めに寝ちゃおう。

翌朝、我が家付近は一面の銀世界です。

snow4

snow5

ご近所さん総出で雪かきです。

snow6

30数㎝は積もってたでしょうか。

snow7

お散歩に出られない(雪に埋まってしまう(笑))アンディ君。ふて寝中。

snow8

雪かきで明日は背中や腰に来そうです。


映画「RUSH」 ハントとラウダ [いわゆる日記]

rush5

1976年富士スピードウェイで行われた日本初のF1レースを覚えておられる方はおいででしょうか。当時中学生だった自分。その前年くらいからF1の虜になってました。少年ジャンプの漫画「サーキットの狼」でスーパーカーを知り、その延長線上で当時TBS系列で時々中継されていたF1にも興味が。雑誌「AUTOSPORTS」の発売を心待ちにしていました。75年は名車312Tを仕上げたラウダ&フェラーリが圧勝。翌76年も開幕からラウダが6戦4勝で飛び出して勝負ありな雰囲気。判官びいきな少年は王者フェラーリに果敢に挑むマクラーレンのジェームス・ハントに声援を送っておりました。そして運命のニュルブルクリンク、最終戦のF1世界選手権インジャパン(日本GPはF2 のレースでした)へと。劇的な結末に熱狂しました。

そのハントとラウダの物語が映画化。

rush2

監督は「アポロ13」のロン・ハワード。予告編のリアルな映像にこれは見に行かねば、ということで公開すぐに行ってきました。

ご覧になってる方はやはり当時の事をご存じだろうなという年齢層(50代以上)。映画冒頭はF3のレースで二人が出会うところから。当時はガキンチョだったので単なるライバル関係にある二人としか理解できていませんでしたがトップを争う二人ならではの感情が丁寧に描かれていきます。

rush3

ラウダのチームメイト、クレイ・レガッツォーニもいい感じの配役です。他にはシェクターらしき人やヨッヘン・マスらしき人も。懐かしいなあ。

映画は後半、ニュルブルクリンクのラウダの事故シーンに。

rush4

(それにしてもフェラーリ312T2は美しいマシンですね)

死の淵からよみがろうとするラウダ。病室のTVにハントの優勝シーンが。そしてフェラーリの母国モンツァでの奇跡的な復帰。ここはぐっときちゃいました。

そしてラスト。当時を知る方には言うまでもないですし、これからご覧になる方もいるのでこれ以上は書きませんが、いい映画でした。

余談ですがF1インジャパンでの「たいれる」も再現されていました。エンドロールにはhasemi、takaharaの名前も。

おまけ

rush7

※当時のAUTO SPORTSが期間限定で全ページ見られます。
2014年2月7日(金)〜2月16日(日)の10日間
閲覧はPCのみ
http://as-web.jp/browse/sp_ebook0206/


ぶらり散歩 富岡八幡宮 [いわゆる日記]

深川不動尊を出てすぐの和菓子屋さんで豆大福&塩大福を購入。途中おながすいたらいただこうという算段です。さらに懐かしい屋台を発見。カルメ焼きでしたっけ。われてるのが一個100円なんでひとつ購入。

tomioka5

富岡八幡宮は目と鼻の先。3分も歩かずに到着

tomioka

境内には相撲発祥の地ということで力士の像や、このお方がご近所にお住まいだったということで銅像が。

tomioka2

伊能忠敬先生です。

tomioka4

深川不動尊も立派でしたがこちらも。願掛けをして次の目的地、亀戸天神へ向かいます。


ぶらり散歩 門前仲町 ~深川不動尊~ [いわゆる日記]

先週に引き続きぶらり散歩(兼合格祈願神仏めぐり)でこの週末は門前仲町へ。通勤経路なんでこの駅は毎日通過しておりますがなかなか下車する機会はありません。

fukagawa

メトロの駅を出るとすぐに参道。ここ深川不動尊は成田山の東京別院ということ。たまたま今日は縁日の日にあたりたくさんの屋台が出て賑わっていました。(一日、十五日、二十八日が縁日だそうです)

fukagawa2

fukagawa4

fukagawa3

お昼は参道にある「お招き屋ディデアン」にてあんかけ焼きそば野菜どっさりで美味しかったっす。

fukagawa5


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。