So-net無料ブログ作成
検索選択

折り返しの湘南戦 ナイスゲームもドロー [Football]

6/24(日)はJ2第21節 湘南戦@フクアリ。42節の今シーズンの前半最後のゲームになります。前々節首位にたったJEFですが前節の東京V戦で破れ2位。今日の相手湘南も勝点で並ぶ上位直接対決。去年、一昨年はこういう対戦でことごとく勝てなかったJEF。今年はこういうゲームをものにしていきたいです。

開場を待つ湘南サポの皆さん。今日は私の会社同期2名も参戦。一人とは試合前に会うことができました。喜作のソーセージ盛りに並びつつ記念撮影したりしましたが、「試合は負けないよ!」とお互いの健闘を誓い合って分かれました。

shounan0001

アウエーゴール裏の湘南サポさん達。声出てました。ナイスなサポートでした。

shounan0002

この日はJEFの20周年記念誌の写真撮影。選手がゴール裏をバックにというもの。JEFサポはゴール裏に集合。集合かけなくても満員にしないといけないすね。この日は1万人に達せず。強くならないといかんよね。

shounan0006

shounan0003

で、肝心の試合(いつもこういう記事構成になってしまいます。まあ、これが私のスタイルだし、試合の内容を専門的に分析するほどの眼力はないのでご容赦を)ですが、前半20分すぎフリーでサイドを持ち上がった武田が狙い澄ましたクロスを入れ、ペナルティ内うまく体を入れ替えて入り込んだ藤田がヘッドであわせて先制! これで落ち着く、前半は1-0でいいかと思った時間にFKからフリーな選手をゴール前に進入させてしまいやられます。ミルジ、さぼるな!

後半は激しいつばぜりあい。1-1で試合終了。中立な立場でみれたらおもしろいゲーム。でも、こちらはホームの大事な試合。勝ちたかった。

shounan0005

上位陣は勝ったり負けたりで混戦に拍車がかかりました。首位山形の勝ち点41からJEF、湘南、東京V、大分が勝ち点40で並ぶ状態。今年こそこの混戦を抜け出していきたいです。


日本の業、スマホケースを試す [気になったものアレコレ]

昔からケースのたぐいがあまり好きではありません。ラジオやウォークマン、カメラなんかもケースしないほうです。多少の傷やスレは勲章みたいなもんでしょ、と思いますが携帯電話のように片時も離さずくらいの持ち運び頻度になると、モールド部材への金属風メッキとかはあっさりメッキがはがれていきます。そのあたりが材質そのものにこだわる林檎印の製品はこだわりのあるところで金属であるべきところはきちんと金属でできているのでがっかりな思いをすることがありません。なので、昨年末4Sに変えた後もケースなし、裸で使ってきたのですが、とある日、サッカーの試合を見た後子供達と路上で試合を振り返りつつヘディングのマネでジャンプ!なんてしてたら胸ポケットから飛び出していきバンパーがへこんでしまいました。バンパー本来の役割を果たし剥げることもなかったのですが、さすがにへこんでます。祭り期間もスマホは持ち歩くし、落とすこともありえるなあ、しかたないのでケースとやらを物色。こんなのが見つかりました。

日本の業、総結集。
「純日本製」プロダクトシリーズ 3D テクスチャドーカバー

早速有楽町のBカメラさんで購入

jigen

購入したのは白い革を模したケース。詳しくはさきほどのリンク先を見てほしいですが、3Dスキャンしてそれを精密な金型で作り上げたケース。見た目ほとんど革です。手にした風合いも革。日本の業、感じました。

jigen2

サイドにはステッチも表現されています。

jigen3

前面はあまり覆わないタイプ。

jigen5

コネクタ部分の開口部は大きめ。

jigen4

付属の液晶保護シートも気泡はいらず、いい感じでした。しばらくこれで言ってみます。


浦安三社祭2012 日曜日 [浦安の祭り]

三日間のお祭りもこの日が最終日。今日は朝から晩まで神輿を担ぐ日。

まずは町内の渡御。神様に町内を見てもらうんですよね、ここ東野地区は我が家のあたりの一部が昨年の震災で液状化に見舞われました。傾いた家の工事は今も各所で行われています。道路もまだひび割れている箇所もあります。ようやく市、県の復興へ向けた予算の調整がつきゆっくりではありますが工事が開始されています。次回のお祭りでは復興なった町内を神様に見てもらえそうですね。

浦安三社祭日曜0001

なんて感慨に浸ったのも一瞬。

「みなさん、とっついちゃってください」

よびかけで担ぎ棒を持った時からはホントになにも考えないで担ぎます。神輿を一日担ぐなんていうと「そんなに何してるんですか?」と聞かれたりします。なにもしてません。担ぐ、休む、担ぐの繰り返し。無心に。それがいいんです。今回一緒に担いだランナーのHさんもマラソンと同じだって言ってました。

さて、この日午後からは宮神輿の渡御コースに加わります。これまでの町内から堀江地区の境川沿い、大三角線、さくら通りという大通りを渡御します。

曇り空の午前でしたが午後にかけて青空が広がってきました。

浦安三社祭日曜0014

浦安三社祭日曜0002

先導の提灯に続いてまずは狭い通りに突入。

浦安三社祭日曜0003

神輿が何基も連なっていきます。神輿を担ぐお母さんをお父さんの肩車で追いかける少年。「マエダ!マエダ!」って大声です。祭り好きになるわな~

浦安三社祭日曜0012

アンディ君も神輿見物

浦安三社祭日曜0004

境川沿いを神輿が進みます。時間帯によっては川の両岸を神輿が通り壮観だそうです。この写真のあたりは23年前浦安に移り住んだマンションのあたり。お隣の親切なご家族との縁あってこの町に住見続け、祭りに参加することになりました。久し振りに顔を出すと昔と変わらずお庭に出したテーブルにビールとつまみをすすめられしばしの休憩。ありがとうございました。

浦安三社祭日曜0005

大三角線に出てきました。変な名前ですがその昔、浦安が漁師町だった頃、大き三角州ということで大三角と呼ばれていたそうです。そのあたりではアサリやハマグリ、ノリの養殖が行われていたりしたようです。三角州はヨシの茂る湿地帯だったそうでそこが埋め立てられて浦安の町が拡がり、TDRもできたわけです。

浦安三社祭日曜0006

豊受神社が近いので露店がたくさん出ています。人出もすごい。ここを何十基も神輿が連なっていきます。

浦安三社祭日曜0007

やがて大三角線から神輿の群れはそれぞれの地元へと向けて右は左へ分かれていきます。我が神輿は左折してさくら通りへ。ここまで来るともう残りの時間が気になります。あと1時間ちょっとで終わりかと思うと寂しいやら切ないやら。そういう思いを込めて最後の休憩。

浦安三社祭日曜0008

三日間お世話になったファミリーマートさん。ありがとうございました。

そしていよいよラストの区間。大回りしたけれどもあっさりとついてしまいました。神酒所前で最後の〆を

そしてもう一回、マエダ!マエダ!マエダ!

浦安三社祭日曜0009

挨拶を終えたら神酒所の北公園でみんなで直会。祭のことを振り返りつつ語らいます。満ち足りた時間です。(実はこの後、Hさんちに息子ともどもお邪魔してごちそうになってしましました。Hさん、ありがとうございました)

浦安三社祭日曜0010

浦安三社祭日曜0011

次回は2016年。浦安三社祭あるある的に言うと4年後は52歳かあ~長男君はビール飲めるなあ。もう今から待ち遠しいなあ。


浦安三社祭2012 土曜日 [浦安の祭り]

さあ、三社祭二日目。この日は我が自治会の神輿は町内を渡御。なので午前中はお休み。13時出発です。

浦安三社祭土曜0004

この時間、他の神社、地区の神輿を見てみたいと思いますが長男君の学校の面談でした。まあ、思いがけず過分な褒め言葉をいただけたのでいい気分で帰宅。で、その長男君も今日、明日と神輿を担ぎます。前回は中学1年身長170㎝ではじめて大人の神輿を担いだのですが、この4年の間に身長では親父を上回り背格好だけなら大人にしかみえません。(そのせいか休憩のたびにビールを勧められていました。でも次回は飲める年頃ですね(笑))

浦安三社祭土曜0001

最初の頃は勘が戻らなかったようですがだんだんと担げるようになりました。次回は主力でよろしくお願いします。

浦安三社祭土曜0002

この日のコースはこんな感じ。ざっくりしたイメージです。だいぶいい加減ですが、まあこうやって東野1~3丁目を練り歩きました。

あ、お天気はあいにくの雨。ですが、まあこんなもんは雨のうちにははいりません。なんてね。(実際はスマホにジップロックとか気をつかいました)

神輿コース

夕方まで楽しく神輿を担いで無事に終了。

浦安三社祭土曜0005

直会では生ビールサーバーから飲み放題とおいしい食べ物で大雨になっちゃいましたがご町内の皆様方と宴会。じわっと疲れが来てますがあと一日楽しみましょう。明日はやっぱり晴れてほしいぞ。

浦安三社祭土曜0006


浦安三社祭2012 宵宮の日(2)祭り始まりました。 [浦安の祭り]

午後5時神酒所集合です。ここで挨拶をすませると神輿は車で移動。担ぎ手は歩いて移動。市内堀江のJA市川(農協ですね。さすがに田畑は見当たりませんが)前に18時集合。

浦安三社祭宵宮0006

今回、Twitter&Facebokで知り合ったUさん、Hさんも参加。Hさんは浦安の新町には10年くらいお住まいだったそうだが、去年東野に移られたそうです。(最終日にはご自宅にお邪魔しておもてなしを。またお父様の楽しいお話ききたいです) Uさんは浦安駅近くでのお仕事を終えて宵宮から参加です。

浦安三社祭宵宮0008

18時過ぎ、続々と神輿集結。順に出発していきます。

マエダ!マエダ!のかけ声が響き渡ります。前だ!というのが由来。ちょっとなまってマイダーマイダーになってたりもします。それから「舞だ」だという説もあるそうですが、舞という言葉がこの漁師町で出てくるのはちょっと違うんじゃないかと思ってたりします。

まあ、それはさておき、集結する面々を見るとなつかしい顔ぶれです。4年前3日間ともに担いだ同志です。4年分老けたのはお互い様。そのぶんその方の息子さん達のような新戦力も加わっています。

我が家の愛犬アンディ君も祭装束で登場。

浦安三社祭宵宮0015

日も暮れかけてきた頃ようやく出番がきました。

浦安三社祭宵宮0009

宵宮用にLEDライトで装飾。スイッチの切り替えで何十色のパターンで照明できるそうです。これは雅な紫パターンです。

浦安三社祭宵宮0010

さあ、出発。4年ぶりの神輿なんで最初は調子がでませんが、徐々に徐々に勘を取り戻していきます。最初の休憩で地元の方からふるまわれたビールで景気がつくとフラワー通りへ突入。そのまま清瀧神社へと。

浦安三社祭宵宮0012

境内に神輿が集結。これから神主さんに御魂(神様)を入れていただきます。神輿の扉を開けて神様をお招きいたします。でもって神様をお乗せした神輿が各町内を練り歩くわけです。神様になにかお願いをするというのではなく、神様に町内を見ていただくという趣旨だそうです。

浦安三社祭宵宮0011

最後は明かりが消されて神妙な雰囲気に。待つこと数十分。無事御魂入れを終えいよいよ神輿が町へ。このタイミングが祭りのクライマックスその1。すべての神輿が神社からそれぞれの町内へと飛び出していきます。清瀧神社前のバス通りは見物の人と神輿とで大混雑。ギャラリーもマックスなんで張り切っちゃいます。集合場所くらいまで担いでいったん終了。我が自治会はまた車で移動。ご近所のファミリーマートさん駐車場で再度集合して神酒所までの100メートルほどを仕上げの担ぎ。仕切りの方の粋なはからいで宵宮最後を飾るのは女神輿で。

浦安三社祭宵宮0013

神酒所に戻ってきました。

浦安三社祭宵宮0014

この後、ちょいと直会でひとつまみ。Uさん、Hさんと三日間の健闘を誓いました。

浦安三社祭宵宮0016


浦安三社祭2012 宵宮の日(1) [浦安の祭り]

いよいよこの日が来ました。6/15(金)からお祭りが始まります。この日は午後お休みをいただきました。駅から自宅への道すがら、祭の最終準備に追われる町を見て気分は早くも最高潮です。

我等の氏神様、清瀧神社の宮神輿がやってきました。境川沿いの道をトラックに乗ってやってきます。浦安旧市街らしい光景。

浦安三社祭宵宮0001

神輿ってどこにどうやって保存されてるの?とお思いの方も多いですよね。もちろんその神社や会で所有されてる場合もありますが、多くはレンタルでやってくるんですね。浅草のこちらや、 行德のこちらのお店が貸してくれます。下世話な話ですが2泊3日で通常サイズ(二尺くらい)のものが30万円程度。まあ、作るとなると1000万円超だそうですからレンタルのほうが合理的ですよね。

浦安三社祭宵宮0002

こちらが清瀧神社の宮神輿。手前が白木、奥が塗り。まだ担ぎ棒と言う外に張り出す棒がついてませんがそれでもど迫力です。

浦安三社祭宵宮0003

本日夕刻の宵宮(よいみや)ではこのフラワー通りを通って各地区の神輿が清瀧神社に集結します。狭い通りですが かつて浦安が漁師町として賑わった時のメインストリート。(おまけ:その昔「天才たけしの元気がでるテレビ」で「フラワー通り危機一髪」で紹介されていました(笑) 動画はこちら

浦安三社祭宵宮0004

そのままご近所まで。我が東野自治会の神酒所となる東野北街区公園へ。

おおっ、我が町にも神輿がやってきました。車もレンタカーでわかりやすいなあ。(でも、神輿一基は所有してるらしいです)

浦安三社祭宵宮0005

浦安三社祭宵宮0007

長くなりそうなんで続きは続編で。


JEF鳥取戦 我ら首位に立つ [Football]

6/13(水)はJ2第19節のガイナーレ鳥取戦。4連敗中の下位チーム相手の試合。楽勝!と思いたいですがこないだの岐阜戦を思い出すと安心できませんなあ。

画像はネギマン。鳥取県の特産?ネギのキャラクターです。って説明いらんか。

JEFtottori0001

試合はいきなり開始40秒。相手のパスミスをひろった兵働から藤田へのクロスをヘッドで決めて先制。いいムードで試合を進めることに成功。とはいえ、以外に追加点は遠く。その後30分は一進一退。ようやく大岩のクロスから兵働がバチンッと振り抜いて2点目。後半開始4分でまたまた兵働が鮮やかに決めて3-0。さあ、あとは虐殺ショーか、と思いましたが町田、大塚の若手投入で教育モードに。町田君はいい動きでわかせてくれました。大塚はいいとこにいるんだけど思い切りが今ひとつ。エゴ出していいからおもいきりやってくれ。

相手の得点をPA内でのハンドのPKでの1点におさえ3-1で勝利。これで勝ち点39、首位に立ちました。まだまだ折りかえし手前なのでここで浮かれてるわけにはいきませんがようやくこのポジションに来ることができました。このまま走る続けようぜ。

JEFtottori0002


ミリガン 豪州代表で最終予選出場!だが・・・ [Football]

6/12(火)はブラジルW杯アジア最終予選の日本対オーストラリア戦。アウェイのブリズベンでの戦い。数日前にラグビーで使ったという劣悪なピッチ。相手は長身を利してロングボールを放り込んでくる、苦戦が予想される一戦。日本はこの前の試合でハットトリックを決めた本田圭佑、香川を初めとするベストメンバーで挑みます。そうそう、マーク・ミリガンも豪州代表でベンチ入り。後半、ケネディ相手にロングスロー放り込まれたらヤダな~なんて思ってたら、先発の選手の負傷で前半から交代出場!

mili0001

所属チーム:ジェフユナイテッド千葉!が光ります。

しかし、しかし、パスカットされてカウンターをくらい後ろから本田を倒してイエローカード。

mili0002

そして後半、内田をひっかけてイエロー2枚目。なんと退場です。

mili0003

この日の主審はどうもアレな方だったようで日本側にもイエロー連発でした。先制点を決めたDF栗原も退場になりましたし。

試合は先制した日本に対し、PKで得点したオーストラリア、1-1でのドロー。まあアウエィの戦いだしやむなしでしょうかね。

ミルジ、くよくよせずに元気で帰って来てください。


浦安三社祭 何すりゃいいの? 宵宮編 [浦安の祭り]

いよいよ今週末になりました浦安三社祭。今回初参加の方もいるかと思います。御輿かつぐぞ!と決めたものの何すりゃいいの?という方に向けて&私もどうなってたっけ?の備忘録です。

三社祭の日程は金曜の宵宮(よいみや)から始まって日曜夕方まで。

宵宮って何:コトバンクより

夜宮,宵宮祭,宵祭とも。現在例祭前夜に行われる前夜祭準備祭となっているが,本来当番の家やお旅所奉安されていた神霊が本祭のため本社に帰る還御祭に当たり,例祭の中でも重要位置を占めていた。

要するに(要してないかもしれないが)神様がやってきて御輿にのっかるんですよ。入魂祭(みたまいれ、とも)という儀式を行います。そのために御輿を神社まで運んでいき、神様をのってもらって地元へ戻る、これが宵宮です。

我が東野自治会は17時神酒所(東野北街区公園です)集合。18時に堀江のJA市川前集合です。ここからフラワー通りを清瀧神社まで神輿をかついでいきます。

yoimiya0001

4年ぶりにかつぐ神輿。うきうきハイテンションですが、まだ勘がもどりませんな。みんな同じなんで妙にはりきってる神輿になってしまいます(笑)世話人の方々に「落ち着いて~」なんて言われてる頃です。

yoimiya0002

清瀧神社到着。ここでしばし待機。この後の二日間もそうですが、祭りってのは担いでは一休みの繰り返し。そうじゃないと体が保ちません(苦笑)

yoimiya0003

やがて境内の明かりが消されて御魂入れの儀式。ここからが祭りの開始です。境内からマエダ!マエダ!のかけ声とともに勢いよい神輿が出て行きます。

yoimiya0004

とはいえ、この日は交通規制も一部だけなので担ぐのはほんのちょっと。わが自治会は途中からトラックで運搬となってしまいます。まあ、翌日から思い切り担げますから、今日はこのくらいにしといたるわ、ってな感じです。


JEF岐阜戦 7連勝はならず [Football]

もう次の試合のキックオフ間近な時間にこの記事を書いています。6/2(土)のホームゲーム岐阜戦。W杯最終予選が開始されたのでJ1はお休み。J2は最終予選初戦が明日6/3にあるので珍しく土曜開催。この日は6連勝とチーム記録にならんでいるJEFが新記録更新なるかという一番。相手は最下位に沈む岐阜。個人的には郷里のFC岐阜がこのまま最下位→JFL降格となるのはまずいなあとは思いますが、ここは勝負の世界、よもやとりこぼすことはあるまいと思っとりました。これが油断というなら油断と言え。

中間試験あけの次男君も久々参戦。(長男君高校二年は大学のオープンキャンパスへ行きました。そういう年になったんだねえ)

jefgifu0001

さて、試合ですが、岐阜が4-4-2ならぬ5-5-0くらいのフォーメーションでがっちりと守ります。ドン引きでもなく、2列が近い距離で中盤を埋め尽くす感じ。JEFはそれを攻めあぐねます。こういうときにセットプレイでやられるんですがその通りになりました。CKからのクリアが中途半端になりそれを押し込まれて先制を許します。こうなると相手も元気になってしまって、こっちは怒濤の攻撃~米倉、オーロイ投入~ヨネはこの日が復帰戦。~しかし実らず。0-1で敗戦。あれれ、サッカーは難しいのぉー


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。