So-net無料ブログ作成

年度末と新年度 [いわゆる日記]

3月最終週、例年だと年度末の締めとかで忙しいタイミング。送別会もあったり。今年もそうだったはずです。うちの部署でも早期退職で3名が退職、部署自体も会社が変わる等大忙しなはずですが、どうもそういう感じではありません。同様に退職される先輩方の送別会がたくさん企画されていたのに震災ですべて中止。どうにか最終週になって送別会が開催できるような雲行きに。3/30は部署の送別会@品川港南口。この15年くらいで三度部署をともにしたM君の送別会。きっとまたどこかで会うさ。

ようやく街も人がもどってきたようです。これからは普通のことを普通にやっていかないと経済回りませんよなどといいつつ二次会まで。お疲れ様。

そんなこんなでバタバタしてしまって新年度初日からいきなり出張になってしまいました。大阪→名古屋とあわただしく移動。うーん、じっくり腰をすえていきたいと思っていたが・・・


震災後の卒業式と計画停電の夜 [いわゆる日記]

3/11の震災で生活が一変してしまっています。子供たちの学校は終業式間近でそのまま休校。卒業式や入学式が執り行われるが心配な状況が続きました。次男君の小学校、昨年4月の開校で次男君たちが第一回の卒業生です。でも、学校も液状化の被害あり(特にグランドはひどい地割れと傾き。水も出てないし仮説トイレが設置されています)で、中止かもといわれてました。余震も続き、多くの人が集まる行事は危険とも。

卒業式.jpgですが、3/23(水)、無事挙行されることになりました。でも、在校生の出席はなし、卒業生のみ。式次第も卒業証書授与と卒業生からのメッセージのみ。すごいシンプルでしたが味わい深いものでした。式の後、父兄も加わっての記念撮影。よかったね次男君。卒業おめでとう!

 

 

 

 

ですが、ですが、式当日の3/23は震災→福島第一原発事故→電力供給不足による計画停電の日。しかも夜19:00~22:00の予定です。せっかくの卒業式の日なのですがこれではお祝いもままなりません。(そのl後、浦安の大部分は被災地認定され計画停電地域から除外されました) 夜の計画停電初回はそれなりにエンジョイ?しましたがさすがに2回目はねえ、ということで家族でお出かけを計画。都内は計画停電がないので豊洲のららぽーとに。ここならアンディ君も一緒に食事できるお店があります。停電開始10分前くらいに出発。

卒業式2.jpgららぽーとは停電はありませんが節電で18時でお店は終了で真っ暗。あれれ。カフェとレストランのみ営業です。

 

 

 

 

卒業式3.jpgカフェでイタリアンなお食事をいただきつつ停電終了を待ちます。アンディ君も一緒にお食事。3時間の予定でしたが1時間半ほどで停電終了。そそくさと我が家へ。今日は楽しく過ごしましたけど、う~ん、これ繰り返されるとしんどいなあ。

 


三月の三連休 お誕生日の外出 [いわゆる日記]

3/20(日)三連休の中日。まだ片付けなきゃならないことがあったり、ご近所ではボランティアの方々が復旧に向けて働いて入れくれます。、我が家も働かなきゃとは思いますが、震災から一週間、じわっと疲れが心身にきちゃってます。ここは気分一身したいことろ。そういえば私のお誕生日でもあります。(Twitterやfacebookでもたくさんのお祝いメッセージいただきました。中には依然として上下水道が復旧せず大変な思いをされてる方からも。ありがとうございました) おじいちゃんのお墓参りも行きたいし、アンディ君も余震のたびに怖がってますので一緒に都内品川のお寺→お昼がてらわんこOKのカフェ→長男君のお買い物@原宿渋谷というコースでお出かけすることに。

自宅から新浦安駅までみんなで自転車で。途中の道が液状化で泥だらけです。この泥、自宅の近くでも大量に噴出しましたが、乾くとさらさらになり風で舞ってすごい砂埃になります。でこぼこになった道路に砂埃がまって視界がわるくなるとなんとも言えないヤラれた気分。これが被災するってことなんですかね。こんな程度でこうですから、ここに身近な人がどうにかなってたら、と思うとやりきれません。

京葉線に乗ると日常が少しもどってきました。りんかい線で大井町。ここまで来るとすっかり日常です。駅の照明が節電で少なかったりはしますが、駅前に新しい商業施設がオープンしてるのを見るとほっとします。

墓参り.jpg駅から10分程度のところにお寺さんがあります。毎年、春秋の墓参りのときに息子達の写真を撮ってる場所があります。今回はアンディ君を加えた三兄弟で。

 

 

 

 

墓参り2.jpg

お墓参りのあとは大井町のPIZZAMANでランチ。アンディ君もバッグの中なら入店OKだったので一緒に。

 

 

 

 

墓参り3.jpg

ランチでマルゲリータとマリナーラを。お誕生日なんでビールも。ほっとした時間がつかの間戻ってきました。

この後、原宿へ。長男君のお買い物。この春から高校一年生はオシャレも気になる年頃になりました。

原宿は震災を感じさせない賑わい。(厳密に言ったら減ってるでしょうけどねえ)少し元気をもらいました。

 

 

でも、新浦安駅に戻ってきたら震災被災地ですねえ。がんばんないとね。明かりくらいは普段と同じように点けてあげたいですねえ。


三月の三連休 ボランティア [いわゆる日記]

3/19~21は三連休。しかも中日の20日は私の誕生日。いい歳なのでさすがにうれしくはないですがめでたい感じはします、例年なら。でも、今年は震災直後です。まだまだ市内各所は震災のツメ跡が。断水、下水道不通、ガスもなんて地域も。復興へ向けて動き出さなきゃいけない。

image-20110324221216.png
3/19(土)は次男君の小学校の復旧作業ボランティア。校舎は今年度開校したばかりだから無事なんですが学校周りの道路が液状化で噴き出た泥が沢山、しかも段差が出来て危険。ここを泥かきして土嚢袋につめる作業。



image-20110324221240.png
ウンザリするくらいあった泥も100人近い人数であっという間に片付きました。

しかし、この泥かき疲れますな。スコップ一回でずっしり重い。土嚢袋一杯に入れると持ち上がらなくなるくらい。数時間の作業でグッタリです。ところがこの作業などをわざわざ市外からやりに来てくれるありがたいボランティアの方々が沢山。



image-20110324221302.png
小学校のお隣の福祉センターがボランティアセンターになっていますがここに若者達が集結。高校生たちもたくさん。ありがたいし、なにより日本ってまだまだ捨てたもんじゃないってこと。ジェフサポ仲間のY君も来てた事が判明。翌日差入れ持って駆けつけたのですが逢えず。お礼は再開なったフクアリでビールおごるってことに。ありがとうね!

震災翌週の日記 自宅待機と計画停電 [いわゆる日記]

3/15(火) 出勤二日目。30分ほど早めに家を出たが昨日よりも人少ない?自宅待機になった会社もあるよう。いつもより20分はやく会社着。昨日から開催の対策本部MTG2回目。震災そのものの被害がとんでもないことがわかってきつつあるが、会社においてもだんだん事態があきらかになってきた。課題は電力問題とそれにまつわる電車の運行=人が集められるかということと。なかなかいい答えを出せないまま午後、急遽明日の自宅待機が決定。交通機関の問題だが、どうやら福島の原発の状況とも無縁ではないようだ。17時で退社命令。あわただしく帰宅。

3/16(水) 自宅待機日。いやあ、することないしなにもやる気でないし。これこわいな。でも余震もまだまだあってなにもできず一日終了。

3/17(木) 出勤再開。自宅待機等でめちゃくちゃになってしまった業務スケジュール調整に追われる。花粉症がまたまた来てるので耳鼻科の予約を入れるがまたまた17時で帰宅命令。まったくスケジュールたたない。浦安は液状化でひどいことになってて被災地認定された。計画停電も対象地域から外れた。しかし、この日、急遽計画停電実施される。午後でよかったが明日は19時からだそうだ。帰りの東西線は史上最高の混雑だったよ。ふうう。震災以来のテレビは被害状況ばかりだった。CMも公共広告機構acばかり。こんにちワンも飽きたところにこの晩くらいからバラエティが復活し、とんねるずの細かすぎてつたわらないモノマネに大爆笑!フジテレビはバラエティー担当しててほしい=報道は煽るだけでダメ。

震災後.jpg
3/18(金) 出勤もだんだん普通になってきた。でも金曜ということでお休みの人が多いのだろうか、さらに空いてた。未だ上下水道が復旧してない地域も市内にはあるそうで、ご実家等に疎開される家庭も多いらしい。この日の課題は19時からの計画停電。せっかくの金曜日なのにね。そういえば今月は送別会ラッシュだったがすべてキャンセルになってしまった。(一応自分の部署のは3/30でしぶとくやろうとしてるけど)来週お休みとっていくはずの旅行もキャンセル。画像は金曜夜の銀座四丁目。人いないです。自粛ムードが広がってしまっている。経済をまわさないともっとひどい目にあうよね。がんばって消費しましょ。













震災後2.jpg
そんなムードの金曜夜の計画停電だもんね。これはむしろ楽しむしかないでしょ!ということで我が家は鍋料理。カセットコンロなら大丈夫。(余震が少々怖いが)少々フンパツしてすき焼きだよ。乾電池式ランタンをたくさん用意してその時間を迎えました。定刻を10分ほど経過してから電気がスーっと落ちてあたりは闇に。ランタンON。食事を続けました。闇鍋みたいで結構盛り上がりますね。食後はオセロで楽しみます。飽きたころで一度ご近所探検。ほんとに電気来てないと真っ暗だ。
実はこの日の翌日がスーパームーンという月が再接近する日(この影響で今回の大地震?と思わなくもない)満月というにはでか過ぎるくらいの月。月明かりもすごかった。セブンイレブンに行ってみたらなんと営業中。レジだけが非常用電源で動いてました。頼み込んで冷凍庫を開けてもらってアイスを購入。月明かりはほんとに明るい。被災地もこの明かりに照らされてるんだと思うといろいろなことが頭をよぎります。月明かりから帰ると部屋が明るい。目が闇になれたんですね。これなら一晩くらい大丈夫だぞと思ったところで明かりがつきました。夜の計画停電終了。これから何度かありそうですが、楽しく乗り切っていきたいと思います。

3/14(月) 震災後初めての出勤日 [いわゆる日記]

3/14(月)震災後初めての出勤日。

主要路線の半分近くが運休してるから東西線もスゴイ混雑が予想される。でも浦安市民は強風で京葉線よく止まるから練習はばっちりなはず。しかし駅はたいへんでした。入場規制。ホームに入ってからも満員の電車ばかりで乗れません。三本ほど見送ったのちにようやくすき間を見つけて乗り込みますがギューギュー詰め。でも、日本人はこんな時も耐えるのさ。

頑張って大手町まで、その後品川のオフィスへ。一時間ほど早く出たので定時前に到着。いつものメンバーと地震からのことを話し合う間もなく朝から災害対策本部会議です。こんな時に備えてBCP(Business Continue Plan)が準備されてるのだがいざとなると想定とは大きく異なることがわかる。まさか電力逼迫とは。ビジネスアワーのど真ん中三時間の停電、また電車の足が読めない、ガソリンが不足というのもいろいろな業務に響いてくる。そうこうするうちに3時30分で京浜急行が運休との案内。沿線の社員を帰宅させたり、バタバタと動く。幸いほとんどの社員の安全は確認できている。(その後全員安全確認) あっという間に再開初日終了。


3/13(日) 地震から3日目 [いわゆる日記]

3/13(日) 地震から3日目。朝7:30から町内の泥かき。昨日とりあえずの作業を終えてあり今朝はトラックに載せるだけ、なんて思ってたが大間違い。まだまだ山の様に泥はある。作業してたらご近所の別のお宅の泥かきヘルプも。すくってもすくってもある泥。こういう日々が続くとやられちゃうんだろうな。着たくしてしばらく休息。(結構な作業でしたが不思議と筋肉痛とかにならず、気が張ってるんでしょうか)

震災8.jpgその後、水をもらいに次男君と小学校へ。物置からポリタンクを引っ張り出して行きます。学校は開校一年に満たないピカピカの新設校なんですが校舎と通路にはげしく段差ができてしまってます。列は10人程度。この地区はどうにか水は出てるお宅が多いから助かっています。でもマンションにお住まいの方の中には止まってしまってるところもあるそうです。我が家もちょろちょろですが水は出ました。しかし2階のトイレやお風呂は難しい状況。ポリタンクに水をもらってちょっと一息ですかね。

 

 

 

帰ってくるとしばらく休息。テレビでは三陸を襲った津波の凄惨な映像の繰り返し。地震のあった時から安心して寝れてないし、泥かきや水汲みも結構堪えてる、横になってこの映像浴びてるとヤバい。チカラが失われていく。このままではいけない。行動を開始しよう。

 

震災10.jpgご近所のスーパーへ行ってみる。昨日は10時開店から2時間近く並んで当座の買い物をしたけど、今日はもう落ち着いてきた。カップ麺も一人2点まで、レジでそれ以上の方のは回収してる。粛々と落ち着いて行動してるよみんな。さすが日本に住む人々だ。

 

 

 

 

地震.jpg午後は車で新浦安駅まで行ってみることに。途中、湾岸線の立体交差を過ぎたあたりで風景が一変。ライフガーデン(旧パークスクエア)の駐車場は閉鎖、前の道路も隆起してしまっている。そして、富岡交番が傾いている。ショック。言葉がない。新浦安のショッパーズ駐車場は一割も車がいない。ダイエーの食料品売場のみ営業してました。新浦安駅前のこれまたできたばかりのエレベーターもとんでもないことになってます。またまたショック。こんな中、長男君はホワイトデーのお返しの品を購入(結局学校は、長期のお休みになってしまいました)


夜、明日から計画停電なるものが実施されるとの政府からの発表。電車も相当な路線が運休、京葉線も止まる模様。東海道線もだって。そうとう電力事情は逼迫してるようだ。


震災から一夜明けて 地域の絆 [いわゆる日記]

震災翌朝、会社から帰ってきました。バスを堀江中学バス停で降りて我が家へ。あれ?なんてことない?と思いながら歩いてきました。通称「段差道路」を超えてヤオコー前にきたらなんだか騒がしい。地面が泥だらけだよ。なんで?ひょっとしてこれが液状化の影響。あれれ。我が家に来てみたら玄関付近がこんなことに。

震災.jpg

震災2.jpg隣家との堺の壁がやられてました。玄関アプローチのタイルも粉々だったりとちょっとメゲる光景。そしてそれ以上にやられたのが自宅前の道路。うわあ、ひび割れじゃん。そして側溝と道路が5センチいや10センチちかく上下にずれているのを見て絶句。

 

 

 

 

震災7.jpg

ところが液状化はそんな生易しいものではなかった。これわかります?自転車が泥に埋まってます。どこからともなく泥と水が湧き出てきてあたりと埋め尽くしました。我が家のお隣、周辺住居でも大変なことになっていました。市内特に新町といわれる埋立地はこれがそこらじゅうでおきていました。幹線道路もそこらじゅうでぼこぼこ。写真を撮る余裕はなかったのですがマンホールがぼっこり1メートルちかう隆起してしまった光景も。

 

 

 

 

震災3.jpgなんとかせねばなりません。うちの近所で特にひどかったのがAさんち。うちのママさんを持病の病院に送った後、ご家族が泥かきをしてるのを見ました。とてもご家族で終わりそうな按配ではない。一家総出で応援に。そうこうするとご近所皆さんが出てきましたよ。泥をとってビニール袋に入れていきます。

 

 

 

 

震災5.jpgそしたらご近所のスーパーの泥かきにこられていた業者さんがついでにもって行ってくれるってお話。ありがとうございます。感謝!翌朝までかかって積み込ませてもらいました。かつては毎日のように会ってたご近所さんとその子供たち、大きくなってしばらくぶりにお会いするけどみんないい子達になってた。うれしいね。ぐっときちゃった。

 

 


震災から一夜明けて 浦安へ帰るぞ [いわゆる日記]

震災という実感がしてきました、3月11日から日付が変わってオフィスで過ごした夜、余震が続き、そのたびに緊急地震速報の音。携帯電話に、テレビに。そして揺れが来る。絶望感に襲われます。でもね、ここには仲間がいる。励ましあいながら夜をすごせます。そして911や阪神大震災のときと違ったのはネットが生きてるってこと。TwitterがFacebookがこんなに役立つってなあ。特にTwitterはありがたかった。リロードするたびに新たな情報や仲間の動向、困っている知人の様子、なにより浦安の仲間からのTwitterがほんとに頼もしかった。地震当日の深夜、鉄道の復旧状況が伝えられます。東京都営とメトロの復旧がはやい。猪瀬さん、がんばってるなあ。私は今回は慎重に対処するつもりです。おそらくこの日だけのことではすまないという予感がするからです。これから数日間は対処に追われると思いました。幸い、会社には備蓄の食糧(アルファ化米や水、パンなど)があり、空調も水も大丈夫でしたので体力を温存し、翌日3/12土曜の早朝、6時頃帰宅の途につきました。都営浅草線と東京メトロ東西線が動いてるのでこの路線で帰ることに。ただオフィス最寄の品川と都営浅草線の泉岳寺は連絡してないようですので高輪台まで歩きます。この間の路は地震があったと思えないくらいの静かさ。不謹慎だけど二日酔いの朝帰りみたいです。高輪台で10分ほど電車待ち到着した押上行きに乗車。ほぼ満員。泉岳寺、大門と続々乗車です。超満員で日本橋。ここから東西線へ。

東西線も超満員。終戦直後の復員列車とか買出し列車ってこういうことだったと思いつつ汗だくで浦安到着。帰ってきたぞぉー!駅周辺は東京ディズニーで一夜を過ごした人たちでわんさかです。我が家へは歩いて帰るつもりでしたが幸運にもベイシティバスの9番舞浜駅行きに乗れました。浦安の町は見たところ変わりありません。大丈夫じゃん、と思いつつ自宅へ・・・・


大地震の夜に思ったこと [いわゆる日記]

EQ3.jpg2011年3月11日14:48でした。会社で打ち合せ中。ミシミシッ グラグラと来ました。オフィスは12F、尋常ならざる揺れが数分間続きました。正直、観念しかかりました。幸い揺れはほどなく収まり(いったん、でした余震がその後も続々)ました。

サイトが違う職場のメンバーの安否は比較的早く確認できましたが、家族との連絡はとれない状態。我が家のある千葉県方面への通話は発信規制されている状態。










EQ2.jpg
幸い、会社からは備蓄されてる水、食料の配給があり、オフィスで待機せよと。電気も情報もあり、仲間もいる心強い環境です。
電話系は使えない状態ですがインターネットは生きていました。Twitterで続々と我が家付近の情報も入ってきます。新浦安方面は液状化で大変そうですが、生命の危険までは及んでない、家族は大丈夫かなあ、という段階で携帯メールでの返信が。無事でした。19時過ぎ通話も可能となり声がきけて安心できました。










EQ.jpg
ここからが大変、想定されていた通りに帰宅困難者になりました。金曜の夕方、本来なら週末を迎えてうきうきと会社を後にするのですが帰宅の足、電車がまったくといっていいほど動く気配なし。会社で夜明かしすることになりました。

テレビの画面からは続々と地震の被害速報が。阪神淡路大震災級の甚大な被害のようです。帰れないとはいえ安全な場所にいる自分が申し訳なく思えてきます。都内から浦安目指して徒歩で帰宅するTwitterの仲間に少しでも役立てるor元気づけられる情報をと思いもろもろツイートさせてもらいました。

今、深夜の2:53です。未だ道路は渋滞のまま。周辺のオフィスも明かりが点いています。朝になってさらに被害の状況がわかるのが怖い気もします。でも、なっちまったものは仕方ない、ここから復興するのが日本じゃい。がんばろう!

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。